【プロペシア 初体験 体験談】塾経営の仕事で仕事が深夜に。薄毛が気になり始めた。 - プロペシアジェネリックでセルフAGAケア

プロペシアジェネリックでセルフAGAケア > AGA治療コラム > 【プロペシア 初体験 体験談】塾経営の仕事で仕事が深夜に。薄毛が気になり始めた。

【プロペシア 初体験 体験談】塾経営の仕事で仕事が深夜に。薄毛が気になり始めた。

私は今塾の経営者をしております。
小さな塾ですが毎日精一杯深夜まで仕事をしています。

そのためか、夕方から深夜までの勤務時間であり、食生活もあまりよくありません。
仕事が終わり家に帰ると、ぐったりとそのまま寝てしまうことがほとんどで汚い体のまま寝てしまうこともしばしば・・・。

またテスト期間中になると、一か月は休みが無く受験期に入ると三か月は休みがありません。
年齢はまだ30歳手前なのですが、体はもう40歳くらいに衰えていると病院で診断されたこともあります(笑)

CMを見て薄毛治療のため通院を決意

こんな生活習慣を送っていますので、ストレスも多く薄毛が気になり始めたのは25歳くらいの時でした。
生まれつきおでこがものすごく広かったので心配はしていましたが今まで薬用シャンプーを使ったり、薬用トニックやマッサージなどを行うこともなく、まったく意識していませんでした。
今の職業についてから、抜け毛が多くなり、生え際が少し後退し始めたかな?と感じたため、CMで爆笑問題さんが「お医者さんに相談だ」と言っているを見て自分自身もそろそろ意識し始めないといけないなと思い通ってみることにしました。

最初は「僕禿げてきてるんです」とお医者さんに相談に行くのは恥ずかしいしみっともないと思って2か月ほどぐずっていたのですが、いざ覚悟を決めて行ってみると親切にハゲのメカニズムや予防方法、また治療の手順を教えていただき続けてみようという気になりました。

最初にカウンセリングや、生活習慣についての話をたくさんさせていただきました。
自分の体質(脂性や汗っかきなど)をよく把握し、頭皮の状況も教えていただきました。
その上で一番効果がありそうと判断いただき、「プロペシア」をお医者さんが薦めてくれました。値段は5000円前後だったと思います。
最初は高いなぁっと思いながらも
「これで禿が緩和されるなら仕方ない出費か・・・」と薦め通りに、使用してみようと決めました。

病院に通院してる時から担当医師からさいさん言われていたことで
この薬は発毛を促進し、発毛実績も多数あります。しかし100%を保証するものではありません。また、完全無害な薬というわけでもありません。
この薬は血管を拡張し、血液の循環量を増やすものなので心臓の弱い方や、疾患を持っている人には大きなダメージになることもあります。
」と言われていました。

心臓に負担をかける薬であることは何度も説明を受けました。
幸いにも私は心臓は健康で、今までそういったこともなかったので心配ではありましたが挑戦することに決めました。
実際に薬を使用してみると、確かに体が暑くなったような、高揚感は多少なりありますがそんなに気分が悪くなるようなものではありませんでした。
ただ少し臭いが気になりました。

独特な薬っぽい臭い?がやはりあり、出勤前に使用するとサービス業なので気になってしまうので使用は夜寝る前に頭皮をきれいにしてから使うといった形でした。
結果としては、目に見てわかるような効果は出ませんでした。ただし少しだけ抜け毛は減ったかもというくらいです。
気持ち的に「しっかり対策はしている」という満足感のほうが、ストレスを緩和している気がしました。

医師のアドバイスで生活習慣の改善や頭皮マッサージを取り入れた

お医者さんにも美容師さんにもよく言われることは、生活習慣(特に食生活)の見直しでした。

ひじきを食べれば毛が生える。若芽をためれば毛が黒くなるなど色々言われていますが実際にそんな効果は無いようです。
バランスの良い食生活としっかりとした睡眠。
そして私の場合は煙草を一日に半箱(10本)程度吸うことが問題があるそうです。
煙草は毛細血管を収縮させ血流が悪くなるということなので、薄毛対策のため極力吸わないように徹しました。

またマッサージ(頭皮を柔らかくすること)がとても大切だと教わったので、時間のある時は行ってみました。
それに加え、美容院で炭酸スパなるものを何度か行いました。これはすごく気持ちよかったです。

AGA対策は地道な努力が必要

人間誰しも薄くなったり、毛が細くなり白髪が生えてくるものです。
体質もありますが、やはり対策をとっているのととっていないのでは自分が髪に対してのストレスというものが大きく違ってくるでしょう。
私のほかにも通院している人の中には、病気で髪の毛が抜けてしまった子供や女性の方も多くいらっしゃいました。
髪の毛が抜けていくのは自然の原理なので仕方ありませんが、それの時期を遅らせることはできるんじゃないかなと実感しました。
何をやってもダメと卑下なさらずに地道に頑張ることが大切だと私は思います。