【プロペシア 処方体験談】髪が原因で憂鬱に。通院した結果、確かな効果が - プロペシアジェネリックでセルフAGAケア

プロペシアジェネリックでセルフAGAケア > AGA治療コラム > 【プロペシア 処方体験談】髪が原因で憂鬱に。通院した結果、確かな効果が

【プロペシア 処方体験談】髪が原因で憂鬱に。通院した結果、確かな効果が

小さい時から細くて猫毛、いわゆる「禿やすい髪質」でした。
30歳も半ばの頃から、全体的に薄くなり特に頭頂部が酷く、鏡を見るたび鬱な気持ちになりました。

そんな気持ちだと人と話していても「髪を見られている」といった感覚に陥り、コミュニケーションを取らなくなりました。

さらに私自身は神経質なタイプでもあり、仕事でのストレスも感じやすくその反動で、酒を飲む・油物を食べるといった不健康な生活を日々繰り返していました。
このような状況では流石にまずいだろと思い、その当時CMのせいかAGAというワードが耳に入っていたので、ネットで検索したところ、病院で治療出来るとの事を知りました。

住まいは田舎ではありましたが、数件治療してもらえる病院があり適当に絞り通院したのがきっかけでした。

最初の病院では処方してもらえなかった

近くの病院で診断してもらいましたが、そこでは「食生活の改善」「適度な運動」を指摘され、そこから改善していきましょうという内容でした。

ただ私は納得出来ず、次の病院に行き診断してもらいました。

そこでは結果プロペシアを処方してもらいました。

はじめは髪が不当なり1年後には同僚に「髪増えた?」

良かった点は、4か月目頃から髪が増えたというよりは太くなったような感覚を持ちました。
鏡を見ても以前ほど薄くは感じませんでした。

同時に運動や生活の見直し・改善兼ねていたので、それが良い方向に繋がった可能性もあります。

治療法としては特に難しいことはなく、ただ薬を飲むだけです。
私は朝食後に決めて毎日飲んでいました。

一応髪が改善出来たという実感を持てた事で、自信を持ち以前のような暗い気持ではなく、明るい気持ちに持っていく事が出来ました。

1年後頃からは同僚からも「髪なんかやったの?」と言われたりした時もあり、大変実感出来た時期でした。
とはいっても若い時のようなフサフサには戻らないとは思いますが、自分なりの年相応の最低限の髪にはなんとか戻れたと思います。

逆に悪かった点は、やはり費用がかさむという事です。
これはネットでもよく目にしていましたが、小遣い制の私にとって痛い出費となりました。

ジェネリックもあるみたいですが、現時点では結果が出ているという事もあり、薬を変えようとする気持ちにはなれませんでした。

早めの行動が吉

私もやるかやらないかで少し悩んでいましたが
悩んでいる時間の間にも少しずつ進行していると思います。

カツラ・植毛といった見た目的にも費用的にも良くない事を思えば、結果論ではありますがすぐ行動に移して大変良かったと思います。