フィンペシア購入の際に気を付けること - プロペシアジェネリックでセルフAGAケア

プロペシアジェネリックでセルフAGAケア > フィンペシア購入の際に気を付けること

フィンペシア購入の際に気を付けること

Beauty-Health_Health_Health-Sickness_For_Web_af9980019785 (1)

プロペシアのジェネリック医薬品としてフィンペシアという名前を聞いたことがある人は多いのではないでしょうか?

フィンペシアは有効成分フィナステリドを配合したAGAに効果のある薄毛治療薬です。
抜け毛は男性ホルモンが5αリダクターゼという還元酵素によってジヒドロテストステロンに変化することで起こるのですが、フィナステリドにはこれを防ぐ効果があります。
抜け毛が減ることで今まで成長する前に抜けてしまった髪が正常なヘアサイクルを取り戻し、薄毛の改善が期待できます。

フィンペシアは国内では販売されておらず海外から個人輸入などで入手するAGA治療薬です。

フィナステリド配合のジェネリック薬はいくつかの種類がありますが、フィンペシアはその中でもメジャーで、海外から個人輸入で購入することが多い薬です。
個人輸入の場合、国内ルールとは異なる注意点があることを理解して、業者の選定なども行うことになります。

購入の金額や個数に制限あり

個人輸入でフィンペシアを購入すると、かなり安価になるのがメリットなので、一度にまとめて購入したいと考える方が多いでしょう。

安価な理由はフィンペシアがインドで製造されているからです。
インドでは独自の特許制度があり、薬の開発のルールが異なっているためジェネリック医薬品がたくさん作られている背景があります。
製造工程やフィナステリド以外の成分についてはプロペシアとは異なっていますが、有効成分は同じように含有されています。
以上の理由からフィンペシアは安価な価格で手に入れることができます。

しかし、上限の金額が決まっているので、一回の購入で課税対象額が1万円に収まる範囲で検討して下さい。
商品代金の60%の金額が課税対象となるので、課税対象額1万円以内を商品代金で考えると16667円が目安になります。

また、購入数が多いと関税の問題の他に、厚生労働省で定める個数制限に関わります。

フィンペシアの購入も、基本的に1か月分が上限だと法律で決めていますので、ルールに合わせて購入個数を決定しましょう。
したがって、法律を順守している個人輸入代行業者なら、1度に購入できるフィンペシアは1か月分までと指定しています。

この指定をしている業者なら、信頼できるという判断基準になるでしょう。

ジェネリック品は偽物はないのか?

世界で流通する薬のうち偽物の薬は半分以上あるともいわれています。

プロペシアジェネリックにも偽物があると言う噂もありましたが、フィンペシアを扱っている個人輸入の業者では、サイトに成分の検査を実施した証明書を掲載するケースが増えています。

安心して正規品のフィンペシアを使用するには、このような信頼性の確認も必要でしょう。
日本の代理店も多く存在していますので、こちらも確認してみるとよいかもしれません。

また、海外の輸入代行業者を使う際は、支払いの方法なども確認する必要があるでしょう。

配送先に関しては、自宅に届けるのが基本となっており、勤務先などが送付先になっていると個人輸入には該当しないとして、荷物が止められるケースもありま
自宅以外を配送先に指定すると、最悪の場合没収となって届かないこともあると言われているので注意しましょう。

以上のようにフィンペシアの購入は、国内で商品購入をするのとは異なるルールが適用されているので注意して下さい。

ルールに従って購入していれば、安価に安全なフィンペシアを手に入れるのは難しくありません。

フィンペシアは安価なため、価格の面でAGA治療を受けるのを迷っている人にとって大きな価値のあるものと言えるでしょう。
個人輸入のルールとフィンペシアの背景を知れば、安心して薄毛対策を行うことができます。