プロペシアの個人輸入で気を付ける4つのポイント - プロペシアジェネリックでセルフAGAケア

プロペシアジェネリックでセルフAGAケア > プロペシアの個人輸入で気を付ける4つのポイント

プロペシアの個人輸入で気を付ける4つのポイント

プロペシアの個人輸入で気を付ける4つのポイント

国内の病院で処方されるプロペシアは、法律に従って取り扱っているので購入の際に気をつける事はありません。
服用に関する疑問点や体調の変化などは随時医師に質問してください。

一方、個人輸入で購入するプロペシアやプロペシアジェネリックには4つの注意点があります。
海外の医薬品を輸入して購入するわけですから、きちんと注意点を把握しておくことで安心して利用することができます。

1.薬の摂取量や服用に関するルールをチェック

1つ目に日本と海外では、薬に関する法律や、必要な量などのルールが異なっています。

プロペシアはすでに世界70か国でも承認を受け、日本でも使用事例のある薬なので、安心して利用できるでしょう。
プロペシアジェネリック薬の場合も有効成分が同じ場合で有効成分フィナステリドの含有量が同じなら安心でしょう。

2.生産国をチェック

2つ目に、製造している工場の安全性や衛生面の問題が取り上げられています。

安く売られている薬の場合、衛生面に不安のある環境で作られている可能性があります。
プロペシアジェネリックはインドの製薬会社で製造されていることが多いです。
プロペシアジェネリックは中でも大手企業が製造していますので、有害物質などの混入の恐れはないと考えられています。

念のため製造国や製造会社をチェックすることが可能であれば、事前に確認すると安心できるでしょう。

3.薬の信頼性をチェック

3つ目に、発揮される効果に実証性がないと言う問題があります。

しかし、プロペシアジェネリックは、有効成分のフィナステリドが使用されており、個人輸入の業者でも成分含有を第三者機関で確認しているので、証明書の提示をしていれば信頼できます。
現在、多くの個人輸入代行業者がこのような証明書を掲示していますので、これらがあれば安心して購入できるでしょう。

4.偽物でないかをチェック

最後に、正規品ではないものを販売している恐れがあると言われています。

世界に流通する薬の多くは偽物があるといわれています。
半分以上の医薬品が偽物であったという報告もあります。

プロペシアジェネリックに関しても偽物の報告が以前はあったようです。
しかし現在実績の多い日本の個人輸入代行業者は成分鑑定を行い、HPに掲載しているところが多いです。

個人輸入代行業者で、正規品ではない偽物を販売すると、当然ですが国内で告発され業務の停止になる確率が高くなりますので、輸入代行業者は偽物でないか調査を行っていることが多いです。
念のため商品を確認することは必要ですが、その前に信頼できる個人輸入業者を探しておくと、ダブルチェックできます。

信頼できる輸入代行業者を探すには、口コミの数や、証明書の有無、支払方法やセキュリティ面、成分鑑定を定期的に行っているかなどを基準に選ぶとよいでしょう。
実績のある輸入代行業者を利用することで安心して利用することができます。

日本の輸入の法律もチェック

安全なプロペシアを安価に使用したいなら個人輸入が便利ですが、以上の4つの注意点に気を付けましょう。

その他の購入の際の注意点は、安価なプロペシアが手に入る個人輸入でも、大量にまとめ買いするのはお勧めできません。

個人輸入では、関税の節約になる上限金額が定められています。
まとめ買いで大量のプロペシアを購入すると、上限金額を超えてしまうので、結果的にあまり安上がりにはならないことも注意喚起しています。

また、厚生労働省からも1か月以上の薬を輸入することや輸入した医薬品等をほかの人へ売ったり譲ったりすることは認められていません。

個人輸入代行業者でもこのようなルールをきちんと守っているところが安心して利用できる基準となるでしょう。

注意点やルールを守れば安心して安価なプロペシアジェネリックを手に入れることが可能です。