プロペシアが効きにくい薄毛タイプ - プロペシアジェネリックでセルフAGAケア

プロペシアジェネリックでセルフAGAケア > プロペシアが効きにくい薄毛タイプ

プロペシアが効きにくい薄毛タイプ

プロペシアが効きにくい薄毛タイプ

薄毛治療薬のなかでも効果の高いプロペシアですが、聞きにくい薄毛のタイプがあるようです。

一般的にプロペシアはAGAに効果のある薄毛治療薬とされています。
AGAとは男性型脱毛症と呼ばれ、遺伝や男性ホルモンが原因で薄毛になってしまう症状です。
成人男性の薄毛の原因の多くはAGAであることから、プロペシアは薄毛に悩む人多くを助ける治療薬として利用されています。

プロペシアの効果が出にくい薄毛のタイプについてご紹介します。

プロペシアで効果の出ないタイプ~AGAでない場合

プロペシアは男性ホルモンが原因で薄毛になってしまうのに効果のある治療薬です。
具体的にはプロペシアには男性ホルモンが抜け毛を促すDHTという抜け毛ホルモンに変化するのを制御する働きがあります。

そのため抜け毛の原因が男性ホルモンでない場合はプロペシアは効果がありません。

ストレスや食生活などが原因だといわれるs円形脱毛症や頭皮の皮脂腺がつまるなどして頭皮環境が悪いことで起きる脂漏性脱毛症などはプロペシアは効果がありません。
この場合は違う治療が必要となります。

薄毛の原因がAGAなのにもかかわらずプロペシアが効いていない場合

基本的にはプロペシアはAGA全般に効果のある治療薬ですが、プロペシアが効きにくい場合、いくつかの可能性があります。

プロペシアは作用しているがそれ以上に薄毛の進行が速い場合

プロペシアは抜け毛を防ぐことで薄毛を治療する薬です。発毛を促進する薬ではありません。
抜け毛を予防することで薄毛の進行を遅らせたり、現状維持をすることができます。

そのためプロペシアを飲んでも薄毛が進んでしまっている場合があります。

これは実際にはプロペシアが効果がないのではなくて、それ以上に薄毛がしんこうするスピードが速くなっている可能性がある、ということです。
そのような場合、プロペシアの服用を中止すると一気に薄毛が進行する可能性がありますので注意が必要です。

そういった場合はプロペシアと併用でミノキシジルを使用するのもよいかもしれません。

ミノキシジルは発毛を促進する治療薬ですので、プロペシアと併用すると相乗効果が期待できます。

毛根の細胞がすでに活動しておらず、髪の毛が生えてこない場合

プロペシアは抜けてしまっていた髪の毛を、正常なヘアサイクルにすることで正常な寿命まで抜けないようにする効果があります。
そのためすでに全く髪の毛が生えてこない場合には効果がありません。

しかし産毛程度の細い髪の毛でも生えていれば改善する可能性があります。
まったく生えていないと思っている頭皮も、よく見ると薄く細い薄毛のような髪の毛が生えている場合があります。
このようなケースはプロペシアで薄毛が改善できる可能性が残っています。

プロペシアの効果がまだ出ていない場合

上記に当てはまらずプロペシアの効果が感じられない場合、プロペシアの効果がまだ出ていないというケースも考えられます。

ヘアサイクルを正常にするのには、時間を要します。
プロペシアの効果を感じるまでには最低でも3か月かかり、1年以上経過してからプロペシアの効果を感じる人もいるようです。

プロペシアはやめてしまうと効果がない薬ですから継続しての服用が必要です。
服用すると決めたら、効果がでないからと言ってすぐに服用をやめるのではなく、根気強く続けることも必要です。

プロペシアは3年継続使用で8割近い人が薄毛の改善を感じた、と答えている高い効果のある治療薬です。
もちろん体質的にプロペシアが効きにくい人もいるかと思いますが継続して使用することで高い効果が期待できます。