プロペシアが効きやすい薄毛タイプ - プロペシアジェネリックでセルフAGAケア

プロペシアジェネリックでセルフAGAケア > プロペシアが効きやすい薄毛タイプ

プロペシアが効きやすい薄毛タイプ

プロペシアが効きやすい薄毛タイプ

一口に薄毛、といっても薄毛にはいくつかのタイプがあるのをご存じでしょうか?

薄毛治療薬として効果が高いプロペシアですが、効果の出やすい薄毛のタイプがあるのです。

薄毛の種類とともにプロペシアが効きやすい薄毛のタイプについて紹介します。

プロペシアが効果的な薄毛タイプAGA(男性型脱毛症)

AGAは成人男性に多く見られる薄毛で、遺伝や男性ホルモンが関係している薄毛です。
ストレスや病気、円形脱毛症や頭皮トラブルによる薄毛以外はほぼこのAGAげ原因といっても過言ではないでしょう。

つまり薄毛の多くはプロペシアで治療することが可能です。

AGAには大きく分類すると生え際から薄毛が進行するM字型、頭頂部から薄毛が進行するO字型、その複合型の3タイプあります。

すべてのタイプでプロペシアは効果的されていますが、その中でも少し注意する点についてまとめました。

O字型タイプ

頭頂部から薄毛が進行するタイプです。
このタイプは典型的なAGAでプロペシアの効果が出やすい薄毛タイプだといえます。

プロペシアを服用することで髪の成長サイクルを正常にして、短く細い段階で抜けてしまっていた髪の毛を、太く長い正常な状態まで戻すことで薄毛の改善につながります。

M字型タイプ

前頭部から薄毛が進行するタイプです。
このタイプも典型的なAGAでプロペシアの服用が効果的であるといえますが、注意が必要です。

前頭部は抜け毛の原因と言われる抜け毛ホルモンが多い場所であるといわれており、プロペシアを服用することでその抜け毛ホルモン(DHT)を減らすことで薄毛対策に効果があります。
しかし、DHTが多く頭皮が硬くなりやすい場所であるだけでなく、外部からの影響を受けやすい場所でもあるので効果があまり感じられない場合もあります。
その場合はミノキシジルも併用して髪を生やす毛母細胞を活性化させながらプロペシアを服用するとよいでしょう。

複合タイプ

前頭部と後頭部の薄毛が複合的に進んでしまっているタイプでU字型に薄毛が進行してしまっている人などが当てはまります。
このタイプもAGAではよく見られるタイプですのでプロペシアが効果てきですが、複合型は薄毛が進行してしまっている場合が多いのでその場合はさらに対策が必要です。

プロペシアは抜け毛を防いでヘアサイクルを正常にする薬ですので、毛母細胞がすでに機能していなかったり(髪を作り出す能力がなかったり)、プロペシアだけでは薄毛のスピードを低下させるにとどまる人もいます。
その場合は先の述べたミノキシジルとの併用も試してみることをお勧めします

プロペシアの効果が薄いのは?

反対にプロペシアでは効果のない薄毛のタイプもいます。
まずは先ほど述べたAGAではない人~円形脱毛症や皮脂腺がつまっているのが原因の場合~です。AGA以外の薄毛ではプロペシアでは効果が出ないとされています。

次にAGAであるにもかかわらずプロペシアで効果の出ない人です。
プロペシアで効果が出ない人についてはこちらも参考にしてみてください。⇒プロペシアが効きにくい薄毛タイプ

プロペシアはAGAには非常に高い効果のある薄毛治療薬です。
ただしプロペシアは抜け毛を減らす薬で発毛を促進する薬ではないので、プロペシアを飲んだからと言ってすぐに発毛効果が期待できるわけではありません。
プロペシアの服用に当たっては効果をきちんと理解しておく必要があるでしょう。