世界初の飲む育毛剤「プロペシア」の比較レビュー

プロペシアジェネリックでセルフAGAケア > プロペシア(Propecia)1mg
世界初の飲む育毛剤「プロペシア」レビュー

プロペシア
Propecia

AGA治療において効果と安全性が認められたフィナステリド製剤の先発品

星1星2星3星4星5 1投票 平均 3.00 星をドラッグして投票
Loading...
医師が処方できる世界初のAGA治療薬として米国メルク社が開発したフィナステリド製剤の先発品。 フィナステリドには、AGAの主な原因であるDHT(ジヒドロテストステロン)の生成を抑制する働きがあり、薄毛の進行を止め、発毛を促進する効果があります。 日本ではMSD株式会社(万有製薬)が販売しており、0.2mgと1mgの2タイプがあります。

プロペシアはこんな薬bpm_h2_01

前立腺肥大の治療研究から生まれた医師が処方できる世界初のAGA治療薬フィナステリド製剤の先発品

医師の処方による世界初の内服型AGA治療薬のフィナステリド製剤の先発品がプロペシアです。

前立腺肥大の治療薬研究の副産物として開発されたフィナステリドには、AGAの主な原因であるDHT(ジヒドロテストステロン)の生成を抑制する働きがあり、薄毛の進行を止めるという守りのかなめともいうべきAGA治療薬です。
米国メルク社が開発・販売し世界60か国以上で承認されており、日本では、MSD株式会社(万有製薬)が2005年より販売しています。

プロペシア商品情報

pro_img1mg
主成分 フィナステリド 1mg
製造元 Merck(メルク)
日本国内ではMSD株式会社
目安の価格 国内のクリニック 1mg30錠 6000円前後
アメリカ版の個人輸入 1mg30錠 5000円前後
1回あたりの金額 国内のクリニック 200円前後
アメリカ版の個人輸入 165円前後

プロペシアの特徴bpm_h2_02

POINT

フィナステリド製剤の先発品という信頼感

フィナステリド製剤の先発品という信頼感

AGA治療薬として欠かせないフィナステリドの先発品がプロペシア。
臨床データ等もかなり多くあり、ほとんどのAGAクリニックでも扱っていますので、AGA治療を行う方はまず一度はプロペシアを経験しているはずです。
いまでこそ、プロペシアジェネリックの存在が認知されていますが、やはり先発品でかつ、国内の承認を唯一取っているフィナステリド錠としてそのブランド力は高いと言えるでしょう。

POINT

フィナステリドのDHT生成阻害作用で薄毛の進行をストップし、発毛につなげる

フィナステリドは、毛乳頭細胞の働きを弱くしてしまうDHT(ジヒドロテストステロン)の生成を抑えることで、薄毛の進行をストップ、発毛へとつなげます。
DHT(ジヒドロテストステロン)は、テストステロンが5α-還元酵素という酵素によって変換されることによって生成されるため、この5α-還元酵素という酵素をフィナステリドが阻害することで結果としてDHT(ジヒドロテストステロン)の生成抑制につなげています。

DHT(ジヒドロテストステロン)は、胎児期においては、男性性器の発達等に重要な役割を果たすため、妊婦などの女性、未成年の男子も使用することができません。

POINT

臨床での高い発毛結果

臨床での高い発毛結果

フィナステリド製薬のプロペシアの評価が高いのは、臨床データでの結果の高さと言えるでしょう。

MSD株式会社(旧万有製薬)が、20歳以上50歳以下で中程度のAGA患者に行った臨床試験では、フィナステリド(プロペシア)1mgの1年間の投与で58%、3年間の投与で78%の薄毛改善効果があり、薄毛進行の停止においては1年間で98%という数値が残っています。
プラセボ群(効果のない薬を処方されたグループ)が1年間の投与での改善したと感じた割合が6%だったことを考えると、実際に大きな効果があったと言えるでしょう。

POINT

国内の処方以外にアメリカ版等の個人輸入での入手が可能

国内の処方以外にアメリカ版等の個人輸入での入手が可能

プロペシアの入手にはクリニック処方と個人輸入があります。

MSD株式会社(旧万有製薬)が国内承認を取っているので、クリニックでの処方が可能ですが、ドラッグストア等での購入はできないため、通院が必要になります。

個人輸入においては、アメリカ版プロペシア等を代行業者等を使って入手可能です。

POINT

効果が出るまでに6ヶ月以上連続して服用が必要

フィナステリドは、DHT(ジヒドロテストステロン)の生成を抑えることで、毛周期を整え、薄毛の進行をストップ、発毛へとつなげるため、ある程度の期間、使用することが必要です。
実際に臨床試験でも、1年よりも2年、2年よりも3年の方が効果が高いため、長期的な利用が重要になるでしょう。

長期利用が前提になるのでコストがかかるというのが、プロペシアジェネリックを検討するユーザーの1番の理由です。

プロペシアの注意点・副作用bpm_h2_03

プロペシアの注意点・副作用
注意点1

副作用としては性欲減退や性機能の低下といった報告もあるが1%程度。

副作用としては性欲減退や性機能の低下といった報告もあるが1%程度。

性欲減退や性機能の低下というのが1%程度報告されていますが、テストステロンに作用するわけではないので、プラセボ効果等もあると考えられるため、それほど気にする数値ではないでしょう。

2007年からは肝機能障害が追加になりましたが、他の薬と比べるとそれほど大きいわけではありません。
しかし、個人差もあるため、体がだるい等の症状が出た場合は医師に相談をしましょう。

プロペシアの注意点・副作用
注意点2

女性や妊婦、未成人等は使用不可

女性や妊婦、未成人等は使用不可

DHT(ジヒドロテストステロン)は、胎児期においては、男性性器の発達等に重要な役割を果たします。
そのため妊婦はもちろん女性や未成年の男子も使用することができませんので、誤飲などの取扱には特に注意しましょう。

プロペシアの注意点・副作用
注意点3

個人輸入では模倣品・偽造品が多く出回っている為、入手の際には注意を

プロペシアは、AGA治療薬として非常に有名で、しかも長期の利用が前提となっているため、個人輸入等での購入場合は、偽物に注意する必要があります。
精巧な模倣品や偽造品が出回っているため、注意しましょう。

プロペシアを購入するには

プロペシア 購入サイトの比較

プロペシア製品情報


商品名プロペシア
商品名英語Propecia
主成分フィナステリド 1mg
製造元Merck(メルク)
日本国内ではMSD株式会社
製造元URLhttp://www.merck.com/index.html (Merck)
http://www.msd.co.jp/ (MSD株式会社)
目安の価格国内のクリニック 1mg30錠 6000円前後
アメリカ版の個人輸入 1mg30錠 5000円前後
1回あたりの金額国内のクリニック 200円前後
アメリカ版の個人輸入 165円前後
メリット・先発薬としての信頼性と安心感
・国内のクリニックで医師の指導のもと処方できる
・アメリカ版であれば、クリニック受診と処方箋なく個人輸入で入手可能
デメリット・国内処方でも、アメリカ版の個人輸入でも価格がジェネリックと比べて非常に高い
・個人輸入での入手の場合、偽装品にも注意が必要
使用のポイント1日1回1mgを限度に毎日できるだけ同じ時間に服用する

ネットでの評判・口コミbpm_h2_05

ネット通販サイト等での口コミから、良い評判と悪い評判について集めました。

Good!抜け毛が減ってきた

かれこれ1年くらいの付き合いですが、抜け毛が確実に減っているのを実感しています。諦めないで続けてきて良かったです。

Good!ミノキシジルと併用しています

併用可ということでしたので、早く効果が出ればとミノキシジルと一緒に使っています。今のところ大きな副作用もなく順調です。

Good!安心感があります

使い始めてまだ数ヶ月ですが、目立った不調もなく少しずつボリュームがUPしているのを感じます。やはり臨床試験等で結果の出ている薬ですし安心感があります。

No Good!半年ではまだあまり効果なし

もうすぐ使い始めて半年ですが、「生えてきた!」というところまでは行っていません。もう少し継続しないと効果がないのかもしれません。

No Good!M字ハゲにはきかない?

M字にはあまり効果がないのか、生え際ふさふさ・・・にはまだ遠いようです。

No Good!性欲減退

事前に知ってはいましたが、確かに少し性欲の減退を感じました。いつもというわけではないので、その時の体調にもよるのかも知れません。