プロペシアが女性絶対NGの理由 とは? - プロペシアジェネリックでセルフAGAケア

プロペシアジェネリックでセルフAGAケア > プロペシアが女性絶対NGの理由 とは?

プロペシアが女性絶対NGの理由 とは?

499330_61631128

プロペシアは、AGAに対して効果が高いことでも有名ですが、一方で注意点も多いのが特徴だと言えます。
病院でしか処方されないということからも使用に関して注意すべきポイントが多いのは明らかです。

ただしく理解して安心してプロペシアを使用できるようにしましょう。

女性の使用は絶対NG

最も重要なのは、男性の使用は認められていても、女性の使用を禁止していることでしょう。

プロペシアもプロペシアジェネリックも、コーティング剤を使用しているので、飲まない限りは女性の体の中に有効成分が入ることはありません。

しかし、節約をしようと思って錠剤を割って飲もうとすると、粉が飛びますので女性にも影響を及ぼす可能性があります。

プロペシアの有効成分であるフィナステリドは、女性の体に入ると男の子を出産した場合、生殖器系などの問題が起こると言われていますので気を付けましょう。

それでは、プロペシアを服用している期間の妊活は大丈夫なのかという疑問を持つ方がいると思いますが、プロペシアを使用している男性との間に生まれた子供に問題があった報告はありません。
ですから心配しすぎる必要はありませんが、より安心して妊活したい男性は一時的に服用を中止する方法もあります。

また、服用中は献血が禁止されています。
プロペシアの服用を中止して1か月経過後なら献血できるため、知識として知っておきましょう。

持病がある人は注意

次に、肝臓で代謝(分解して体に取り入れる)、腎臓で排泄をするので、肝臓や腎臓の既往病がある方は、かかりつけの医師に相談するように注意喚起しています。
プロペシアに限らず薬を使用するということは腎臓に少なからず負担がかかります。
他には肝機能に問題が起こる方、全身の倦怠感、疲れやすさを感じる方が、ごくわずかにいますので医師の診察を受けることが勧められています。

持病がなく、健康な方ならそこまで心配する必要はないでしょう。

/h3

また使用する年齢は、安全な使用のために20歳以上と限定しています。プロペシアは臨床試験で有効性や安全性などを確認していますが、対象年齢を20~50歳としたため、20歳未満の方に効果があるのか、そして問題がないのかの確認が取れていないからです。

20歳未満で薄毛に悩む方はAGA以外の理由のことも多く、生活習慣などの改善でよくなることもあります。
こちらも詳しくは皮膚科などで医師に相談してみるとよいでしょう。

その他の副作用~性欲減退や勃起機能不全など

極まれに副作用を感じる方がいますので、勃起機能不全・性欲減退がある場合は、使用を中止して様子を見ると判断しやすいでしょう。

抜け毛は男性ホルモンであるテストステロンが5αリダクターゼによってジヒドロテストステロンに変化することでおこるのですが、プロペシアは5αリダクターゼの働きをブロックする働きがあります。
理論的には男性ホルモンには作用していないのですが、ジヒドロテストステロンの量が減ることで何らかの影響がある場合もあるようです。
ただし、これらは全体の数パーセントしか報告されていないので心配しすぎる必要はないでしょう。

勃起機能不全・性欲減退はプロペシアを飲んでいるから精神的に不安で起こっている場合もあるようです。
ある報告だと、偽薬をのんでいる患者にも副作用が表れており、精神的な面が影響していることもあるとわかっています。<

注意点が多いと面倒臭いと思う方もいますが、安心して使用するには必要な基礎知識です。

特にプロペシアを個人輸入などで入手している人は、医師や薬剤師による説明がないので自分で正しい知識を知っておく必要があります。
正しく理解すれば安価なジェネリック品を使用するときも安心です。