程度別!プロペシアの副作用 - プロペシアジェネリックでセルフAGAケア

プロペシアジェネリックでセルフAGAケア > 程度別!プロペシアの副作用

程度別!プロペシアの副作用

程度別プロペシアの副作用

AGAを治すにはプロペシアとミノキシジルが最強!と分かっていてもなかなか使用に踏み切れないという人も少なくないはず。
プロペシアの使用を躊躇する最大の理由は副作用なのではないでしょうか?

プロペシアは女性NGだったり、錠剤を割ってはダメなど禁忌事項の多い薬なので、副作用が多いのでは?と思っている人も多いのではないでしょうか?

今回はプロペシアの副作用を程度別にご紹介します。

軽度な副作用~性欲減退など

プロペシアの副作用で一番よく聞くのが性欲減退なのではないでしょうか?
命にすぐにかかわるわけではありませんが、性欲がなくなるのは恐ろしいですよね。
プロペシアは男性ホルモンを抜け毛の原因であるDHT(ジヒドロテストステロン)の生成を抑制する5α-リダクターゼの働きを阻害する働きがあります。

男性ホルモン自体を抑制しているわけでないのですが、性欲が減った、と感じる人もいるようです。

ただしこれは1~5%未満の発症率なので、それほど心配する必要はないでしょう。
それよりも「プロペシアを飲んだから性欲が減少してしまうかも」といった不安からくる心因性のものが多いことも分かっています。
あまり心配しすぎないほうが良いでしょう。

中程度の副作用~蕁麻疹や発疹、めまいなど

蕁麻疹や発疹、めまいなどが起こる例も報告されています。
ただしこれは自発報告や海外での報告であり、ほとんど起こることはありません。

体に異常を感じたらかかりつけの医師に相談したり、使用をやめるようにしましょう。

重度の副作用 1 ~肝機能の低下

プロペシアは医薬品ですので他の医薬遺品と同じように肝臓に負担がかかります。
これはプロペシアだから特別にある副作用でなく、風邪薬などのほかの薬でも起こることがあります。

薬は肝臓で代謝され効果を発揮しますが、大量の薬を服用したり長期にわたって薬を服用すると肝臓がずっと代謝をしなくてはならにので負担がかかります。

決められた分量以上にプロペシアの服用を続けると肝臓に大きな負担がかりますので、やめましょう。

また、プロペシアの服用は短期間で終わるものではないので、肝臓が弱い方は注意が必要です。

肝臓は「沈黙の臓器」とも言われ、少しの障害ならば修復することが可能ですが、ある限度を超えると修復が不可能になります。
障害がでても症状が現れにくく自覚症状が出にくいので注意が必要です。

重度の副作用 2 ~勃起不全や精液減少

 

男性として一番心配なのが勃起不全や精液減少などではないでしょうか?
先にあげた性欲が減少するだけならまだよいのですが、実際にEDになるのは恐ろしいですよね。

プロペシアの投与を中止した後に、精液の質が正常に戻ったり改善したとの報告がありますので異常を感じたら服用をやめれば問題は少ないでしょう。

また勃起不全や精液減少が起こるのは1%未満ですので、ほとんどの人は心配する必要がありません。

こちらも性欲減退の症状と同じく心因性による発症が多いことが分かっていますので気にしすぎは禁物です。

自己管理を徹底すれば安心して服用できる

 

そのほかにも乳房肥大や無精子症、睾丸痛、男性不妊などの副作用が報告されていますが、いずれも自発報告や海外での報告です。

実は服用している人が多いプロペシア。
注意して服用をしていれば大きな問題になることはまずありません。
異常を感じたときに注意すれば、普段は安心して利用することができるでしょう。