プロペシアの耐性がつくって本当? - プロペシアジェネリックでセルフAGAケア

プロペシアジェネリックでセルフAGAケア > プロペシアの耐性がつくって本当?

プロペシアの耐性がつくって本当?

プロペシアに耐性がつくって本当?

AGAの治療は短期間で終わることは少なく、効果が出るまでに半年以上かかることもあります。
ヘアサイクルを正常に戻すにはある程度の期間が必要なので仕方がないのですが、抜け毛が減ったことを実感できると一安心ですね。

しかし、服用が長期になると「だんだん抜け毛がまた増えてた」という話を耳にすることも少なくなりません。

これは薬剤耐性ともよばれ、薬物を繰り返し服用すると、そのあとでは同じ量を投与しても服用初期と同様の効果が現れないことです。
「プロペシアに耐性がついた」といった形で書かれているものもあるかもしれません。

「プロペシアを長期服用すると効果が薄くなる」という噂や、プロペシアに耐性がついてしまうのは本当なのでしょうか?

プロペシアが薄毛に効く仕組みからプロペシアの耐性について調べてみました。

プロペシアの仕組み

プロペシアは男性ホルモンが5αリダクターゼという還元酵素によって抜け毛男性ホルモン(DHT)に変化するのを防ぎ、抜け毛を予防する効果があります。
そのプロペシアを服用すると肝臓によって代謝され、5αリダクターゼを生成するのを抑制してくれます。

プロペシアには直接男性ホルモンを抑える効果はなく、AGAの原因となる抜け毛ホルモンに変わるのを防いでくれます。

体が慣れてしまって効果が出なくなることってあるの?

まず考えらるのはプロペシアそのものに体が慣れてしまって効かなくなった、という説です。

しかし、プロペシアに耐性ができてしまう、というのは医学的には証明されておらず根拠がありません。
医師の説明でも正常な状態でプロペシアの服用を続ければ、耐性ができることはほとんどない、というのが一般的です。

これは効果が出始めた頃が一番抜け毛の量が減り、そのあとはある一定の抜け毛量をキープするため効果を感じにくくなることも原因の一つでしょう。

プロペシアが効かなくなることはあり得るのか?

プロペシアは肝臓によって代謝されるので、肝臓に異常が生じてしまったり、肝臓の調子が悪かったりしてきちんと有効成分が代謝できていない可能性があります。

実際、発症率は少ないといえど、プロペシアの副作用には肝機能の異常がある、と記載されています。

プロペシアのように薬を長期にわたって服用をすると肝臓に負担がかかります。
肝臓は「沈黙の臓器」とも言われ、異常がおきても症状が出にくい特徴があります。
最初は正常に代謝をしていたプロペシアの有効成分がきちんと代謝されずに作用されなくなった可能性が考えられます。

また食生活の乱れや飲酒などによって肝臓がきちんとプロペシアを代謝できていない場合もあります。

飲み始めは薄毛対策のために気を付けていた生活習慣も服用が長くなると乱れてしまうことも多いかと思います。

そのほかに考えられる原因は

また、加齢と共に薄毛の量が増えてきたことも考えられます。

加齢とともに抜け毛が増えるのは防ぎようのないことですから、しょうがありません。

この場合はプロペシアの服用ををやめるとさらに抜け毛が増える可能性があります。

「プロペシアの効果が弱くなってきた」と思ったら、薬の効果を疑うだけでなく肝臓に負担がかかっていないか、食生活は乱れていないか、運動不足などを疑うべきかもしれません。
医学的には根拠がないので、プロペシアの服用によって現状維持ができている、もしくは薄毛の進行が緩やかになっていることも考えられますので、安易に服用をやめるのは考え物かもしれません。