プロペシアとプロペシアジェネリックの違い - プロペシアジェネリックでセルフAGAケア

プロペシアジェネリックでセルフAGAケア > プロペシアとプロペシアジェネリックの違い

プロペシアとプロペシアジェネリックの違い

JU194_72A

プロペシアとはAGA治療で効果が高いといわれる薬です。 AGAではヘアサイクルが乱れ、髪が成長する前に抜けてしまうのですが、これは男性ホルモンが5α‐リダクターゼと結びつき悪玉男性ホルモンに変わることで起こります。

プロペシアに配合されているフィナステリドには5α‐リダクターゼの働きをブロックする効果があり、抜け毛を防ぐ効果があります。
抜け毛が減ると髪がきちんと成長するようになるので、ヘアサイクルが整い薄毛を解消することができます。

そんなプロペシアとそのジェネリック医薬品の違いをまとめてみました。

先発薬であるプロペシア

プロペシアは、医師の処方を受けて、病院・薬局から購入するAGA治療薬です。

新薬として開発された医薬品は、研究や効果と安全性を確認する臨床試験などの開発コストが掛かっており、価格が高い特徴を持っています。

AGA治療に対する効果が認められているプロペシアは有効成分フィナステリドを含む先発薬です。
AGA治療においては高い評価があるものの、長期間の使用が必要になるとコストの負担が大きくなってしまうでしょう。

プロペシアはAGAの治療で効果の高い薬ですが、健康保険が適用されないことから、1錠あたりの目安が321円となっています。

大きな違いは価格!プロペシアのジェネリック医薬品とは

プロペシアの費用を1年分として計算すると、117,165円とかなり高額になるため、後発医薬品のプロペシアジェネリックに注目が集まっています。
ジェネリック医薬品は薬の特許が切れたあとに発売できる同じ有効成分を含む薬のことです。
開発にお金がかからないため、先発薬より安く入手することができます。

しかし有効成分自体は同じなのでプロペシアとプロペシアジェネリックは、効果には大きな差が出ません。

プロペシアジェネリックを販売している製薬会社でも検証した結果、プロペシアと同レベルとみなされる結果が出ています。
使用方法や基本的な注意点にもあまり違いがないので、安心して使用できると考えられています。

プロペシアジェネリックを使用するなら、1錠あたり215円程度、年間費用は78,475円になるので、プロペシアと比較して10万円程度の節約が可能です。

保険適用外の薬は、クリニックや薬局によって値段が異なる場合もあるので、先に確認してから利用を検討しましょう。
また病院によって扱っている薬も決まっている場合もありますのでこちらも確認が必要です。

ジェネリック医薬品は、新薬の特許期限が過ぎるまで販売されることはありません。

プロペシアが日本で承認されたのは2005年のため、プロペシアジェネリックは2019年以降の発売ではないかと言われていました。

しかし、その予想に反して2015年には後発医薬品の製造販売承認が下りたので、AGAの治療環境が整いました。

そして2015年4月にファイザー社よりフィナステリド1mg/0.2㎎「ファイザー」が発売されました。
これ以前は日本で処方されてるィナステリド配合の薬はプロペシアのみでしたので選択肢が広がったといえるでしょう。
そして、これから先、また別のフィナステリド配合の薬が開発されることも十分考えられます。

また、個人輸入などで外国から輸入すると医薬品に関わる特許の制限を受けない国もあるため、プロペシアジェネリックが入手しやすくなっています。
そういった国ではたくさんの種類のフィナステリド配合の薬があるので安価でフィナステリド配合の薬を手に入れることができます。

効果があっても値段が高くて負担になるなら続けられないと言う声が多い中で、このプロペシアジェネリックはAGAに悩む男性を力強く支える存在になると考えられています。