プロペシア、プロペシアジェネリックの価格の相場 - プロペシアジェネリックでセルフAGAケア

プロペシアジェネリックでセルフAGAケア > プロペシア、プロペシアジェネリックの価格の相場

プロペシア、プロペシアジェネリックの価格の相場

プロペシアの価格の相場

AGAに効果的と言われるプロペシアですが、続けて服用するには価格が気になりますよね
最近はプロペシアのジェネリックとして日本でも「フィナステリド錠ファイザー」が手に入れられるようになりましたが、まだまだ個人輸入の価格には及びません。

個人輸入においてもプロペシアとプロペシアジェネリックには価格に大きな違いがあります。
コストを抑えることができれば、AGA治療を長期的に続けるのに大いに役立ちますので参考にしてみてください。

今回はプロペシア・プロペシアジェネリックの価格の相場についてまとめてみました。

クリニックでプロペシアを処方してもらう場合

クリニックでプロペシアを処方してもらうと薬代金は7000円台が相場のようです。
プロペシアは保険適用外ですので、薬の代金がクリニックによって異なるので注意が必要です。

プロペシアジェネリックであるフィナステリド錠ファイザーの場合6000円程度が相場のようです。

プロペシアに比べると15%ほど価格が抑えられるようですが、こちらもクリニックに確認したほうが良いでしょう。

このほかにもクリニックで処方してもらう場合は薬代金のほかに初診料などがかかってくる場合がほとんどなのでコストが高めになる傾向にあります。

医師に経過観察してもらえるメリットがありますが、気づいたら高額になってしまうこともあり得ます。
価格については事前に確認したほうがよさそうです。

プロペシア 1mg 個人輸入の場合

海外の薬を個人輸入すると価格が抑えられます。

プロペシアは多くの国で販売がされており、価格は輸入する国によって異なります。
すべてメルク社もしくはメルク社の子会社などで製造されており効果に違いはありません。

アメリカ版、オーストラリア版、イギリス版、シンガポール版などのプロペシアが販売実績も多く、手軽に手に入れることができるでしょう。

どの国も1箱28錠入りのものがメインですが、US版ではボトルタイプの30錠入りのものも販売されています。

価格はその時によって違いますが4000円から10000円ほどのことが多いようです。
相場は28錠で5000円程度の事が多いです。 アメリカ版やオーストラリア版が比較的安いことが多いので、その都度確認するとよいでしょう。

プロペシアジェネリック 個人輸入の場合

プロペシアのジェネリック品には有効成分フィナステリドが1mg配合されているフィンペシア、フィナバルト、フィナロ、エフペシアなどのほかに、有効成分フィナステリドが5mg配合してあるプロスカーなどがあります。

こちらも販売時期によって価格が異なりますが100錠で3000円ほどが相場のようです。
プロペシア個人輸入の場合と比べると1/4ほどに抑えることができます。

参考までに2016年7月末の価格を参考にすると

フィンペシア 1mg100錠   2752円
フィナロ 1mg100錠   4280円
エフペシア 1mg100錠   2752円

となっています。

1箱ではなくまとめ買いをすると安くなる輸入代理店も多いので確認して購入するとよいでしょう。



価格に差が大きくあるプロペシア・プロペシアジェネリックですが、同じ有効成分を含んでるとはいえど、薬の大きさや形状には若干の差があります。

価格をチェックして自分にある薬を手に入れることができれば、長期的にAGAの治療を継続することが可能になりますのでマメにチェックをするとよいでしょう。